2017-11
     

34時間「荒海クルーズ」(6)下船

34時間「荒海クルーズ」のお話

やっとこさ着きました。
25日土曜日20時乗船、27日月曜日朝6時45分下船。なんと34時間45分
パパも疲れたけど、車両デッキの中のひめは辛かっただろうに!!

船首脇のランプウェイが開きはじめます! (ここにもある、きたかみは全部で4箇所もあるのだ)
下船

後ろのランプも開いたようです。後ろも遠くに光が見えます。(ピンボケごめん)
車両甲板
ご覧のとおりトラック(シャーシ)でいっぱい。空いているのはひめの車の前だけです!!

一番最後に乗ったひめパパから下船開始。(作業の終わるのを待ち構えています)
下船
ひめはヘルメットのおじさんが大好き、興奮して吠えまくっています。
いつもの通りだけど、何でも1番は気持ちが良い!


船から下りると、ノンストップで公園に向かいます。
北埠頭緑地
ウンチとシッコを我慢していたひめは、芝生のところにまっしぐら。(昨日、甲板でシッコはしました)
船ではウンチはしなかった。いつもは15時間なので問題なかったけど、今回は相当我慢したのかな?(一応食べ物はウンチの少ないものに制限したつもりだったけど)

最近できた公園で、地図にも載ってないかも。「北埠頭緑地」だそうです。芝生は半分だけ完成、残りは夏から使えるかな??
昔は「入船公園」を使っていたけど狭くてね。この公園のおかげで、苫小牧港も使いやすくなった(但し冬は使用不可)

夜の森公園以来42時間ぶりの土(芝生)、お疲れ様でした。
北埠頭緑地

早速フリスビー(風が強いのに)
北埠頭緑地
寒いです!!
では、これから北海道の家に向かいます。2時間で着きます。

あとで調べると、あるブログに
「夕方に苫小牧のフェリーターミナルを覗きに行ったら、商船三井フェリーはほぼ平常、太平洋フェリーはやけくそに遅延、川崎近海汽船は全便欠航と、各社それぞれにお知らせが掲示して有りました。」
と、ありました。

何とも予想外の旅、「やけくそに遅延」を結構楽しんでいたひめパパでした。
それにしても、大洗便(商船三井フェリー)すごく揺れただろうね。

これで、34時間「荒海クルーズ「完」のつもり。



今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。
テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

34時間「荒海クルーズ」(5)入港

34時間「荒海クルーズ」のお話

はい、朝5時半船内放送で起こされました。
予定より30分遅れの6時半到着で~す」 (正しくは定刻より20時間30分遅れで~す)
目を覚まし、デッキに出てみると。
苫小牧

空は快晴、波穏やか、絶好の航海日和です。(但し、残り30分)
寝ている間に、嵐は遠ざかり、船も全速力でなんとか30分遅れでたどり着いたようです。

早速、タグボートがお出迎え。
入港
陸地には雪が無いようだし、一安心!!

ドッグハウスは皆さん下船準備完了で空!!
何も急ぐこと無いのにね。
ドッグハウス
なぜって? ひめパパが最初に下船することになっているのです。ですから急ぐことありませんよ。皆さんはズ~ッと後です!

ここからの眺めはこんな風。屋根があるので、雨風問題ありません。
後部デッキ

そこの階段から上のデッキに登れば、爽快です。
軌跡

船は港に入って着岸するまで15分はかかります。180度回転ショーを楽しんで、着岸、係留となります。
太平洋フェリーの場合は、係留されるまで車の所には行けません。
そして、船倉の乗用車は上のデッキのトラックのあとの下船ですから、着岸から15分以上かかります。
下船準備さえ済ませておけば、ぎりぎりまで港の風景を楽しむことができます。船内放送があるまで楽しみましょう。急がない!急がない!!
(最後までデッキにいたのはひめパパだけ、そして最初に下船します)

大洗航路の「さんふらわあだいせつ」が見えてきました。
この船、旧「れいんぼうらぶ」。「れいんぼうべる」(現さんふらわしれとこ)と共に、日本海航路(直江津~室蘭)で散々お世話になった船です。
さんふらわあだいせつ
カラーリングは変わりましたが、懐かしいかぎり。

この船、現在大洗航路の深夜便として運行しています。早い(25ノット)、定員154名(モノクラス1段ベット、ゆったり快適)。
ペットルームはホールのとなりで、窓は無いけど環境良好、そしてデッキにもすぐ出ることができる。本当は一番お奨めしたい船ですが........
「商船三井フェリー」になって、ペットの車内保管不可、食堂無し、真夜中2時出発....... ひめには使えません!!

なつかしの「れいんぼう」時代(れいんぼうべる最終航海)
れいんぼうべる

さて、お隣には八戸航路シルバーフェリー「フェリーはちのへ」が泊まっています。
シルバーフェリー
勿論、この船も乗ったことがあります。
八戸航路の各船にはペットルームはありません。全て車内保管です。8~9時間、隔離状態になります。(多分現在も)

青森~函館もペット車内保管で航海時間3時間半程度。
最短は、大間~函館で1時間40分。
ひめの最初の船旅は大間航路でした。(パピー時代で、船は未知数だったので)
そのとき、ひめも恐山にも行きました。地面を這うガスが怖かった記憶があります。薬研温泉キャンプ場泊まり(昔のことで、記憶が定かではありません)
下北半島、これがいいのです。時間が許すなら、キャンプしながら大間航路をもう一度と画策しているひめパパです。(2泊は覚悟、でもキャンプは天候が問題)

乗ったことの無い北海道航路は
(1) 大洗航路の昼便 (夜便はあります) ペット車内残留不可!
(2) 新日本海フェリー(全て) ペット車内残留不可!

今は無き
函館~室蘭、八戸~室蘭航路も乗りました。
多分、この10年(ひめは10才)で、(乗れる船は)ほとんど乗ったはずです!
そういえば、1年強で消え去った、「ナッチャンレナ」は乗りそびれてしまった。残念!!
返す返す残念な「東日本フェリー」消滅。親切で、おおらかな良い会社だったのに。

思いをめぐらせているうちに、船は180度回転、着岸バースは目の前です!
フェリーバース

こちらに船尾を着けます。(フェリー専用バース)
フェリーバース
下船準備をしなくっちゃ!!!

苫小牧港での回転ショーは省略、画像はアルバムにあります。

今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。
テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

34時間「荒海クルーズ」(4)揺れてます

34時間「荒海クルーズ」のお話

この波、画像では大したこと無さそうに見えますが、撮ったデッキは喫水から18m以上、ビルの5~6階からの眺めです。
波
天気予報によると波高6~7m(波の中に住宅がスッポリ入ります)。台風並です。
波高8mでは、ほとんど欠航です。

波しぶき、ここまで上がってきます。
波

最初はピッチング、200mの船だとほとんど縦ゆれはないのですが、今回はすごい。多分向かい風でしょう。時速20km(マラソンスピード)なのに、外には風が強くて出れません。(そのうち禁止になりました)

お昼を過ぎた辺りからローリング(横揺れ)が加わりはじめました。最悪!!

午後2時ころ、またもやパーサーにお願いして、ひめチェックです。今回からエレベータは使用できず、階段で行きます。
ひめはと云うと、車の中でお休み中。夜昼無いし、揺れるし大変!!でも、パパの山道ドライブに慣れているので、平気!!
次は、来れない恐れもあるので、最小限の食べ物(おやつのクッキー)と牛乳だけ。勿論揺れを楽しみながら短い散歩!(ドサクサにまぎれて、車両甲板でフリスビーをするときもありますが、今回は無し)

車両甲板から戻ると船長からの案内放送!!
「入港予定は明朝6時、場合によりもっと遅れます!」
乗客、誰も文句は言いません。この揺れを見れば.........しかたが無いね.........
GPSによると9ノット(時速17km)只今岩手県沖。一段とスロー運転。(安全第一)

ひめパパは船酔いは大丈夫。船内をウロウロしています。
いつもの通り、本なし、パソコンは持ってきているけど触らず。
この海を見ているほうが楽しい!
多分乗客は500人くらいと思うけど、ほとんどが部屋にこもりっきりの様子。
見かけるのは同じ顔ぶれ(元気をもてあましている人たちだけ)です。

でも、何か今回の船旅は違います。いい感じなのです。
........ 何だろう.......そういえば、エンジン音が無い、静かなのです。
この船は通常22ノット位で走ります。今はその半分以下。
船の出力は船速の3乗に比例しますから、現在の出力はいつもの1/8~1/10となります。
これじゃアイドリングみたいなもの、静かなはずです。
.........こんなことを考えているだけで時間は過ぎ去っていきます。

天気予報をみると、........北海道太平洋側は明朝、雪!!40cmの積雪予報!!!!!
お~い、チェーンなんか置いてきたぞ!! ...... 腹をくくるしかありません。忘れましょう。

夕食、朝食はバイキング、やはり食べすぎです。
その上、運動不足.............................................昼食抜き! さあ、晩飯は??
食堂はいつもの通り夕食バイキング。でも、ひめパパはぐっと堪えて、軽食コーナーへ。
カレーライス&スープ&サラダ を注文して650円......意外とリーズナブル。これからはここにするかな........なんて考えながら。
しかし、揺れは絶好調。人も、物も左右に飛び回ります!!!!
......待ちに待ったカレーライスがきました。受け取って、カウンターに置いて、次を受け取る瞬間。カレーは何処かに飛んでいきました。。。。。。。。。(音??そこら中でガチャーン)
ウェートレスさんすみません。床掃除までさせてしまって。 聞くと「中(厨房)はこんなものではありません、私、3年載っていますけど、こんなの初めて」とのお話し、本当は休日なのに.......本当に本当にご苦労様です。(この季節、日曜日は休航)

改めて頂いた、カレーライスはシッカリ押さえながら食べました。

さてこの揺れはと云うと。
船内
売店は棚から商品が落ちて床に散乱、臨時休業です!(棚卸ではありません)

え、この画像、たいしたことが無い!
じっくり見てください。右下の服、傾いています!!!

服を基準に画像を回転させると、ご覧のとおり!!
船内
これ、標準的揺れ。時たま大きいのがガツンと来ます。そうするとカレーライス事件が発生します。

食事を終えて、9時ごろパーサーに頭を下げて「もう一度お願いします」
さすが、この状態では「車両甲板は危険です」と止められてもしかたがありません。
でも、相手が生き物だしということで、了解を頂きました。本当に申し訳ありません。
パーサーさんとも4回目となるといろいろなお話し、曰く「この揺れは疲れます」。
揺れも乗客も、そしていろんな物が飛び散っています。
皆さん休日返上ですし、すぐ折り返しの便が待っています。多分港に入っても片づけで休む暇なんて無さそうですしね。ご苦労様です。

ひめは!異常無し!!(もう少しの辛抱です)

さて、お腹もいっぱい、ひめチェック完了で、お休みタイムです。
ベットに入ると、丁度津軽海峡?? ゆれは一段と絶好調。ベットの中を転げまわります。
この調子じゃいつ着く事やらと思いつつ眠りに落ちるひめパパでした。

船旅を予定の方へ。
いつもはほとんど揺れませんし、定刻どおり運行です。
楽しい船旅を満喫できます。ぜひご利用下さい。

ひめパパのようにほぼ毎月(年10~12回)利用していても、揺れたな~と思うのは年1回くらい、今回のような事件は初めてです。
天気予報さえ甘く見なければ大丈夫で~す。ぜひ、ワンコと北海道を楽しんでください。


はい、朝5時半船内放送で起こされました。
「予定より30分遅れの6時半到着で~す」 (正しくは定刻より20時間30分遅れで~す)
樽前山
樽前山が見えます!!(雪がある!)


今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。


テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

34時間「荒海クルーズ」(3)出航

34時間「荒海クルーズ」のお話

船で、一夜を明かして。いつもなら津軽海峡付近かな?
今回はまだ港の中です!!!!!!

「きたかみ」「いしかり」は仙台では船首接岸、苫小牧では船尾接岸ですから、仙台発苫小牧行きはどちらの港でも180度回転しなくてはなりません。200mもの巨体を180度回転するのですから中々の作業です。
(苫小牧発仙台行きではこの回転ショーはありません、「きそ」はどちらの港も船首接岸、双方出発時に回転ショーがあります)

船尾側タグボート
タグボート

船首側タグボート
タグボート
まずは2隻のタグボートで船を引っ張り出します。

岸壁から船体が離れます。
離岸

船首側タグボート、今度は船を押します。
タグボート

船尾側タグボート、一生懸命引っ張ります。もう少しで半分(90度)
タグボート

泊っていたフェリーバースが横に見えて来ました。ほぼ回転完了です。
タグボート
この間10分強、意外と早いものです。
(自動車とは違って船はその場回転です)

さて、タグボートのお見送りを頂いて、いざ出航です。
出港
いつもは、この穏やかな水面のままですが。

港を出たとたん揺れはじめます。
本格的なのは金華山を過ぎた辺りからのはず....... でも、今回は初めからです。

船では、夜10時から朝7時半まで従業員のお休みタイムになります。
前夜は9時半に、一応ひめチェック。(異常なし!!)
7時半になるのを待って、パーサー同伴でひめの朝食に向かいます。
今回は長丁場になるので、軽めのお食事です。
一応、開いたデッキを一回り。揺れます!!
パパは戻って朝食(バイキング)
食っちゃ寝の始まりです。

GPS表示をみると、速力12ノット(22km/h)、なんといつもの半分。
単純に 300海里/12ノット = 25時間...... ギョ!!!!!!
(仙台-苫小牧間は 300海里 約555kmです)
早く、低気圧が去ってくれることを祈るばかりです。

窓から見ると
波
陸地の天気は回復したようですが、波は........ 多分6~7Mクラス。大時化です!!!!

思い出すだけで疲れます。と云うことで..............続く!!

今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。




テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

34時間「荒海クルーズ」(2)乗船

34時間「荒海クルーズ」のお話

ひめパパは朝早く出発しましたから、勿論メールなんか見ていません。
携帯電話の留守録。......................勿論、気にもしません。.........仕事じゃないからね!

ということで、予定通り入港した「きたかみ」を見たパパは、港でタグボートが引き上げてくるのを見届けて、おもむろに、乗船手続きに行きました。

..........え、明朝6時出航!!
でも、船には乗せてもらえる!!こりゃ安心!!!
実は、昔日本海航路で24時間遅延、船も無し....... しかたが無いので、直江津から青森まで走ったという経験もあるので、うろたえません。
寝床さえ確保できりゃ御の字よ!!
仙台に来る船が遅れたら、車で夜明かし!! 不幸中の幸いと考える能天気なパパでした。
(一応、八戸まで走ろうか考えましたよ、どうせ高速道路は千円だし!でも、やっぱり面倒です!!)

ちなみに料金は、
乗用車5m未満、A寝台、朝食つきクルーズパック 26,900円(ペットは無料)。天候不順のための遅延による特別割引はありません(残念!)。

ひめはゲージに絶対入らないので、いつも車内保管でお願いします。
すると、一番最後に乗せられるので、皆さんとは違う場所で待機です。
仙台港
雨の中、ひめは散歩さえ拒否!
車の暖房を最強にして、濡れた体とタオルを乾かします。

時間があったので、ガソリンを補給し、長丁場の船旅に備えてコンビニで食料(コーヒーとひめ用チーズと牛乳だけ)を調達。
戻ると、じきに乗船でした。

きたかみ(車両甲板)
いつもの通り、最後に乗船。今回は十分散歩の隙間があります。後ろは車がいっぱい。写真は全てピンボケで省略です。
いつも、ペットにできるだけ条件の良い場所を選んでくれます。お世話になります。
一般の車両(乗用車)は、この下の甲板(船倉)に入ります。残念ながら、ひめパパはそこに入ったことはありません。

太平洋フェリーの各船は、船首に車両乗り込み口があります。ひめパパが乗り込むと、入り口が閉まり始めました。
このときの船首がどんなに不恰好かというと、こんな感じ。
きそ
これは1月に乗った「きそ」の画像

ひめはここでご飯を、パパは上で豪華なディナーを楽しみます!!(夕食バイキング2000円)
では、ごゆっくり、9時半に様子を見に来ます。

いつもは、出港を楽しみながらの食事ですが、今回は動かぬ景色、何か調子が狂います。
船の中は写真無し、気になる人は太平洋フェリーのパンフレットでも見てください。

パンフレットに載っていないドッグハウス。船の後部甲板にプレハブ小屋があります。
きたかみ(ペットハウス)

きたかみ(ペットハウス)
本日のお客様、小型犬4頭様でした。(あと、ひめの他車内保管が2頭、飼い主はひめパパ含め3人とのこと)

あまり、贅沢とは言えないドッグハウスですが、太平洋フェリーの3隻のなかで一番条件が良く、デッキが広いのが「きたかみ」で、上の階にも上がれます。ここで愛犬と海を眺めるなんて最高ですよ!!(ひめだって一度やってます)

他の船のドッグハウス情報はそのうちに!!

ひと眠りして、起きたら5時半。丁度、出航直前に目がさめました。
いつもは暗い中での出港ですが、今回は明るい、では!!
出航準備


今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。
テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

34時間「荒海クルーズ」(東京→仙台)

25日土曜日、朝早く東京を出発しました。

今回のお話も長くなりそうです。
なんせ、仙台発苫小牧行き、34時間「荒海クルーズ」のお話ですから。

今回の北海道行きは、高速道路料金「千円」割引に引かれて土曜日に出発としました。
でも、高速道路ぎらいなひめパパは、いつもの通り最後の100kmは一般道ということで、これまたいつもの通りの「夜の森公園」を経由して向かいます。
夜の森公園

この大雨の中、これまたひめは元気はつらつ、走り回ります。
パパはというと、傘をさして、水溜りをよけて恐る恐る歩き回ります。
夜の森公園

ずぶ濡れひめは、クルクルに一段と磨きがかかります。
夜の森公園

ひめパパは、いつも海街道(常磐自動車道)を使います。東北自動車道は一般道もつまらないので急ぐとき以外使いません。高速道は富岡町までできていて、ここに「夜の森」があります。(JRの駅だってありますよ!)
で、天邪鬼なパパは、メインの「夜の森つつみ公園」ではなく、となりの「夜の森公園(グラウンド)」を使います。
周りの木々で風が少なく、きれいな芝生で、ひめのフリスビーには最適なのです。
ここは、桜がきれいなのですが、もちろん今年は終わっています。確か一昨年は満開時期だった。

いつもは、ここで昼寝をして、おもむろに残りの120kmを走るのですが、この雨で昼寝なし、一気に走ります。(但し、6号線は走りません、港まで全て裏道です。平均50km/h 北海道並!)


ほとんどノンストップ、早くつきすぎました。
丁度、名古屋からの「きたかみ」の入港時刻ということで、港の先端までやってきて時間つぶしをすることにしました。この雨でいつもの公園フリスビーは無し!!

車を止めると同時に............
これが、今日乗る予定の「きたかみ」です。
きたかみ
太平洋フェリー三姉妹の最古参の船ですが、ひめパパが一番好きな船で、実はそれに合わせて乗船日を決めたのです。

きたかみ

ここまでは、順調........... なんて思っていたのですが。
実は、こんなメールが入っていたのです。

4/25(土)仙台発苫小牧行「きたかみ」は低気圧の高波の影響により苫小牧着が11時間30分程度の遅れが予想されます。仙台港出港は4/26(日)AM6:00を予定しています。詳しくは仙台港営業所までご確認ください。仙台港営業所 TEL022-259-0211


本日の(木の)花 ふじ。
ふじ
途中のサービスエリアで見つけました。


今回の 拡大画像は アルバム をご覧下さい。
...... とうとう本格的手抜き体制。あしからず。

テーマ:♪ボーダーコリー♪ - ジャンル:ペット

 |  ホーム  | 

プロフィール

ひめ
北海道と東京をフェリーで往復しながら、フリスビー命で暮らしていました。
2011年から北海道永住、
2014年5月28日息をひきとりました。(15才と6ヶ月)

登録名cranberry of top house jp
犬種ボーダーコリー (♀) R&W
生まれ1998年11月26日
出身地(ひめ)神奈川県
住処東京早稲田、北海道の田舎
後見人ひめぱぱ
  

優(ゆう)
ひめの(全く血はつながっていないけど)息子です。
北海道浜中町の牧場の干し草の中で野犬の子として生まれました。 そこで「しおんの会」に保護され、皆さんのお世話になり、良い子になって 2014年6月23日ひめの養子として後を継ぎました。

犬種不明 (♂) 茶&白
生まれ2014年4月8日(花祭りのころ)
出身地北海道浜中町
住処北海道の田舎
後見人ひめぱぱ
  

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント